採用情報

人と人を結ぶお菓子
人と人を結ぶしごと

サクラスイーツの仕事は、笑顔とともに、人と人を結んでいく仕事です。
お菓子を贈ることで、お客様とその大切な人たちが結ばれます。
日本の素晴らしい生産者さんの素材をお菓子にすることで、お客様と日本が結ばれます。
素材にこだわって作り、心を込めて贈られたお菓子には、
お客様と大切な人たちを、笑顔にする力があります。

笑顔を届ける仕事をするためには、まず私たちスタッフが幸せであることが大切です。
安心できる職場環境で、お菓子のあるべき姿と、お客様に向き合った接客を追求し、
真剣に取り組む中に、真の喜びとやりがいが見つかります。
仕事が楽しいことは、人生を豊かにしてくれます。

サクラスイーツは一緒に夢をかなえる舞台です。
ここでの仕事やご縁を通して、自分を磨き、夢を叶え、幸せな人生を創っていきましょう。
最高の職場をあなたに。

先輩の声

VOICE

毎日新しいアイディアで
話がはずむ製造現場 小林 美雪

製造スタッフ
小林 美雪
SAKUEASWEETS 魚津工場 / 製造スタッフ / 社歴2年半
小林 美雪

毎日新しいアイディアで
話がはずむ製造現場 小林 美雪

製造スタッフ
小林 美雪
SAKUEASWEETS 魚津工場 / 製造スタッフ / 社歴2年半
工場での製造といっても、毎日いろんなラインに携わり、新しいことが常にあります。 みんなで「より効率的にするには、正確にするには、どのようにしたらいいか」といった会話が弾みます。 お菓子屋さんでチャレンジしてみたい方、ぜひお越しください。
入社したきっかけは?
子どもが成人して子育てが一段落し、好きだったチーズケーキの仕事で正社員に

チーズケーキが好きで、以前からサクラスイーツのことは知っていたのですが、
子どもが成人して子育てが一段落し、自分の時間が取れるようになった折、
社員として働ける場所を求めて応募しました。

仕事・会社の良いところ、良かったエピソードは?
毎日いろんなラインに携わり、常に新しい発見や改善が生まれる

お菓子の製造の作業は、思ったよりも力仕事でしたが、
動くことでかえって、健康でいられると感じています。

工場での製造といっても、毎日、同じ仕事をしているわけではないんですよ。
製造の中で、ジョブローテーションをするので、毎日いろんなラインに携わり、新しいことが常にあります。
全員が、すべてのラインの経験を共有するので、みんなで「より効率的にするには、正確にするには、どのようにしたらいいか」といった会話が弾みます。
本部からも、「効率化などのアイディア」「新商品に向けたアイディア」は、製造のメンバーからも発信してね!と言われています。
アルバイトさんパートさん関係なく誰もが意見を発信できる雰囲気なので、言われたまま作業するのではなく、自分たちで進歩させていけるところが、やりがいにもつながっていますね。

以前の入善の工場から、2018年10月に今の魚津の新工場に来たのですが、
配置が違うだけで、動き方や時間配分も違ってきます。
「今までで一緒ではだめ。工夫や改善の余地がいくらでもある。」という考えのもと、日々進歩。ゴールはなくどんどん良くしていこうと、取り組んでいます。
今から大きくなる会社だと思うので、それをどう回していくかということも今後のチャレンジです。

仕事で特に努力していること、気を付けていること
スタッフの仕事の時間配分と、コミュニケーションの工夫

リーダーの立場として、スタッフのジョブローテーションの入れ方に気を使っています。
仕事の内容が偏らないように、時間配分などを考えます。
その日によって作るものが違えば、オーブンの使い方、入れるタイミングなども違い、
毎日同じ流れ作業ではないので、メンバー同士のコミュニケーションを弾ませながら、工夫をして回しています。

生活との両立は?
お菓子業界には珍しい、主婦も働きやすい勤務時間

お菓子業界って、休みがない、朝早く夜遅いイメージがあるかと思いますが、それでは主婦は働けないですよね。
サクラスイーツはこの業界には珍しく長時間労働を避け、朝から夕方までの「8時間」で終わらせる取り組みをしています。
繁忙期を除き、年間の10ヵ月は土日がお休みです。

求人応募をご検討の方へのメッセージ
立場に縛られずにお菓子屋さんでチャレンジしてみたい方、ぜひお越しください

「時間制限の子育て中のお母さんたちも、3時まで4時までの中で働けます。
お菓子屋さんでチャレンジしてみたいと思われる方、ぜひお越しください。

週休2日で働きやすく
仲良しで
笑顔あふれる社風 大角 真優

製造スタッフ
大角 真優
SAKUEASWEETS 魚津工場 / 製造スタッフ / 2018年入社
大角 真優

週休2日で働きやすく
仲良しで笑顔あふれる社風 大角 真優

本部スタッフ
大角 真優
SAKUEASWEETS 魚津工場 / 製造スタッフ / 2018年入社
仕事は楽しく、年齢層も幅広いけれど、みんな仲良しで素晴らしい職場です。 お菓子業界では珍しく、基本的に土日がお休み。繁忙期以外は、きっちり8時間で帰って自分の時間、趣味の時間がとれますよ。
入社したきっかけは?

祖母との思い出のあるサクラスイーツに、夢だったパティシエとして入社

サクラスイーツは小さい頃に、祖母の家に行った帰りに、よく買いに通っていたお店です。
昔からお菓子作りも大好きで製菓学校に通い、祖母にサクラスイーツを進めてもらい入社しました。

面接の時から皆さん本当に笑顔で挨拶をしてもらい、いい会社だなと思っていましたが、入社してみると、仕事も楽しく、年齢層も幅広いけれど、みんな仲良しで、想像以上に素晴らしい職場です。

仕事・会社の良いところ、良かったエピソードは?
製造工程の中で、どんな仕事でもできるのが魅力

先輩と後輩とが関係なく仕事をローテーションしているので、全ての仕事に携わることが出来ます。
普通の向上だと、焼きしかしない、計量しかしないという所もあると聞きますが、ここではどんな仕事でも出来るのが魅力です。

仕事で特に努力していること、気を付けていること
翌日の仕事も意識して、自分で目標を立てる

その日の仕事以外に、翌日の仕事のことも意識して、先に進めるようにするなど、自分の中で目標をもって仕事をしています。翌日に作る予定だったものも、先に作って納品したりするなど、ちょっとの積み重ねで、スムーズさが違ってきますので、先を見て、動くことを心がけています。

生活との両立は?
お菓子業界では珍しく、基本的に土日がお休み

お菓子業界では珍しく、基本的に土日がお休みで、趣味の時間もちゃんととれています。
繁忙期以外は、いつもきっちり8時間で帰って自分の時間を持てています。

求人応募をご検討の方へのメッセージ
ぜひ、気軽に会社見学にお越しください

皆さん優しく、本当にもう楽しい職場ですので、ぜひ、気軽に会社見学にお越しください。
「この会社に来たい!」と思っていただけると思います。ぜひお待ちしています。

本当に「美味しい」と思う
ものを笑顔とともに
届ける喜び 藤井 智子

販売スタッフ
藤井 智子
SAKUEASWEETS ファボーレ富山店 / 販売スタッフ /
2019年1月17日入社 / ※3月1日に店長代理
藤井 智子

本当に「美味しい」と思う
ものを笑顔とともに
届ける喜び 藤井 智子

販売スタッフ
藤井 智子
SAKUEASWEETS ファボーレ富山店 / 販売スタッフ /
2019年1月17日入社 / ※3月1日に店長代理
自分が本当に”おいしい”と思えるものを、”おいしいもの”として、お客様に勧められることが喜びです。このおいしさを一緒に共有して、お仕事していただける方に来てもらえると嬉しいです。
年齢は全然関係ありません。何かにチャレンジしたいなと思う方と、一緒に頑張っていけたらと思います
入社したきっかけは?
同僚から贈られたサクラスイーツのお菓子の美味しさに感動

以前は、近隣の店舗で、調理と接客・販売をしていました。
そんな折、同僚から「美味しいところあるよ」とサクラスイーツのお菓子をごちそうになり、その美味しさに感動しました。
見た目も可愛らしいですし、実はチーズケーキが苦手だったのですが
「ここのは美味しい!」と味に惚れたんです。
「ここなら働きたい!」「自分が本当に”おいしい”と思えるものを”おいしいもの”として、ちゃんとお客様に勧めたい」と思いました。

それからしばらくして、サクラスイーツの求人を見かけて応募しました。
正社員として、長く勤められるところを求めていたのですが、
調理師の免許を持っていて、調理・販売の経験があるとはいえ、畑違いですし、歳も43だし、ダメもとでと飛び込むつもりでした。

1次面接のとき、芦崎社長が2時間も
「これからこうしていきたい、一緒に作っていきたい」
と、笑顔で楽しそうに、想いがあふれたビジョンをお話されて、「この方は違う!」と思いました。
今までの職場は「長いものに巻かれる」という働き方になりがちだったのですが、
社長のお話には「みんなの力で一丸となって作り上げていこう」という想いがあふれていて「ここだったら、長く勤められるんじゃないか」と希望をもって選考を続けました。

最終面接ではとても緊張したのですが、
「ゆくゆくはリーダーとして活躍していただきたいが、どんな工夫をしますか?」
と聞かれたときに
「コミュニケーションをとりながら、みんなで一丸となってお店を運営していきたい」
という答えを必死に伝えました。
ありがたいことに採用いただき、配属からなんと1ヶ月半で店長代理を任せてもらうことになりました。

仕事・会社の良いところ、良かったエピソードは?
スタッフの気持ちが一体になっている職場

「一緒に会社を大きくしていこう、お客様の笑顔を作っていこう」
という、芦崎社長や、本部のスタッフはじめ、スタッフの気持ちが一緒になっていて、会議やFBの投稿などからもそれが伝わってきます。
自分もモチベーションを上げて、お客様と接客して、サクラスイーツのいいところを伝えていって、お客様の満足度を上げていくぞ!と思えます。
そんな一体感を感じられる職場です。

当初は、売り場のステキな職場だなあと、ふわっとしたイメージで飛び込んだのですが
実際にはやはり厳しさも必要で、毎日あっという間の8時間です。プライベートの悩みなどは持ち込まず、仕事中は一流の接客を追求しながら真剣に取り組みます。

もうすぐ入社して2ヶ月ですが、覚えることがいっぱいあって、まだまだペースが掴みきれているとは言えませんが、同じチームの皆さんに「何回でも聞いてくださいね」
といってもらい、助けられています。
先輩のアルバイトさんも「不明点はないですか?」と優しく聞いてくれて、立場の壁なく仕事仲間として接してくださいます。

また、先輩から仕事上の注意を受けるときも、どう改善したらいいのかという具体的なアドバイスがあり、時には要点をメモに書き出してみるといった工夫をとりいれて、わかりやすく教えてもらいます。とても受け入れやすく、注意された後にひきずらずに、仕事の仕方を良くしていける環境にあります。

仕事で特に努力していること、気を付けていること
まずは衛生管理、そしてサクラスイーツの流儀と一流を追求する

お客様のお口に入る製品を扱っているので、まずは衛生管理・賞味期限に気を遣います。
また、見た目も、割れたり欠けたりしていないか、細心の注意を払います。

接客も中途半端はいけない。
緊張感を持ちながら、挨拶、確度、声の出し方について一流を追求します。
包装も、ショッピングセンターでの勤務していた頃とは求められる水準が違い、
きちんきちんと角を作り、スキを作らないよう洗練された包装を追求しています。

先輩方がきちんとサクラスイーツの基本から外れずに、まっすぐお仕事して流儀を守ってらっしゃるので、私もそこから外れないように基本は忠実にすることを心がけています。
「よりよくする」という観点では、新しい流儀は作ることも必要かもしれませんが、まずはサクラスイーツの基本を大切にしています。

「販売とは何か」「ディスプレイとは何か」「お客様との接客の仕方」「笑顔を伝えるとはどういうことか」といった極意を日々学び、追求しています。

生活との両立は?
8時間勤務だから、オンオフのメリハリがあり、自分の時間も取れる

前職は朝9時から夜9時までの仕事でしたが、サクラスイーツでは、
「みんなで協力して8時間で仕事を終わらせて、残業しないようにしようね」という取り組みをしています。
だらだらとした残業はせず、本当に必要な時だけするという考え方なので、繁忙期の1~2ヵ月を除いては殆ど残業がありません。
仕事の時間はショートに、でもその間は緊張感を持って真剣に取り組むというところにもやりがいと充実感がありますよ。

サクラスイーツに入ってから、帰宅後に2~3時間ほど、自分の時間が持てるようになりました。オンオフのメリハリがあって、お仕事が終わったらリフレッシュできるのも嬉しいです。

求人応募をご検討の方へのメッセージ
本当に来ていただきたい!

この美味しさを一緒に共有して、お仕事していただける方に来てもらえると嬉しいです。
本当に年齢は全然関係ありません。
子育ての手が離れた方、もう一度何かにチャレンジしたいなと思う方と、
同じ職場で仕事仲間として、メリハリをもちながら、モチベーションを共有して、一緒に頑張っていけたらと思います。

その他のスタッフの声

「人と人を結ぶ」に共感

チーズケーキが大好き、そして接客が好きで、接客のお仕事をしたいと思っていたところ、サクラスイーツの募集に出会いました。
面接で社長の、「人と人を結ぶ」というスローガンを聞いたときに、人を笑顔にしたいという、自分の想いに重なるところを感じ入社しました。

思った以上の職場でした!

研修を通して、基本的マナーから、言葉遣い、表情、態度などについて勉強させてもらえます。接客以外にもメンバーを指導することや、新商品の提案など、様々なスキルを身につける機会を得られる機会も充実しています。
スタッフ同士でも日々、「この言葉遣いはどうかな?」「お客様からこんな質問があったからもっと調べてみよう」と、自発的に勉強する取り組みを行っていて、思っていた以上に充実感のある職場です。

みんなの数だけ可能性が広がる職場

みんなで意見を出し合いながら学び、向上できる雰囲気があります。
社員とパートさん、先輩と後輩の、いい意味での上下関係がなく、新人でも気になったことは言いやすいフラットな職場なので、「お客様のためにこれがあったらいいね」「お菓子の包装はこのほうがはやいよね」などと、意見を交し、みんなで改善・向上させています。

家庭を持っても両立できる環境

パティシエの業界では、「夜遅い残業があるので、結婚すると働けない」「結婚や子育てを機に諦めなきゃいけない」というお店も多いと思いますが、サクラスイーツは、女性が活躍しやすい勤務時間や制度などが採用されています。
結婚して妊娠中のスタッフが何人もいますが、産休育休にはいり、復帰を待っているところです。

スキルや資格に関係なし!

明るくて元気でポジティブな方、コミュニケーションをとるのが好きな方はもちろん、スキルや資格に関係なくどんな方でも活躍できる職場だと思います。

あたたかな関係と接客が魅力

スタッフ同士の関係がとても温かいこと、そしてお客様お一人お一人に合った接客をしているところが、サクラスイーツの魅力です。ずっと接客の仕事をしてきましたが、サクラスイーツの接客は「違う!」と感じています。

「思い出」に残る接客、
「笑顔」になる接客

お客様の思い出に残る接客、笑顔になってもらえる接客を目指しています。
特にマリエ店では、旅行で立ち寄られるお客様が多くいらっしゃいますので、商品のことだけでなく、旅行のお話など色々な会話をします。そうして、ご来店中のひと時を楽しく・気持ちよく過ごしていただきたいという想いで、毎日お客様と向き合っています。
先輩には、一流の対応をされるスタッフがたくさんいらっしゃり、商品のディスプレイや、お客様とのコミュニケーションなど、見習う面がたくさんあります。そんな彼女たちに近づくのが目標です。

プライベートも人間関係も◎

8時間勤務、週休2日で、残業はほとんどありません。お買い物やカフェに行くなど、プライベートの時間も取れています。
それに、和気あいあいとした雰囲気で、人間関係で悩むようなこともありません。アルバイトでも新しいスタッフでも、自由に発言でき、アイディアを出せる職場です。

受賞歴

AWARDS
  • 2015.マリエとやま 2015年 上期優秀店舗賞
  • 2015.マリエとやま 2015年 デスプレイ賞
  • 2015.マリエとやま 2015年 下期優秀店舗賞
  • 2015.マリエとやま 2015年 食の安全賞
  • 2016.平和堂 2016年優秀専門店賞
  • 2016.マリエとやま 2016年 上期優秀店舗賞
  • 2016.OMOTENASHI SELECTION 2016 受賞 さくらサブレ
  • 2017.OMOTENASHI SELECTION 2017 金賞 日本素材の8種のチーズケーキ
  • 2018.マリエとやま 2018年 食の安全賞
  • 2018.平和堂 2018年北陸 最優秀店 プレゼン
社長メッセージ
社長メッセージ
社長メッセージ
社長メッセージ
社長メッセージ
代表取締役
芦崎 貴
代表取締役
芦崎 貴

サクラスイーツは、「人と人を結ぶお菓子」のスローガンに共感してくれた方や、サクラスイーツのスタッフとふれあった方が「私もスタッフになりたい!」と言ってくれたり、最初はアルバイトだったスタッフさんが「社員になりたい」と言ってくれたりと、どんどん仲間になってくれる人が増えることで、成長してきました。
サクラスイーツは幅広い年齢層・立場の人が活躍できる会社です。
年代は10代~70代まで、子育て中、妊婦さん、介護中もいらっしゃいます。
年齢や立場に関係なく、チャレンジしたい方、ぜひ一緒に働きましょう!

社長メッセージ
社長メッセージ
社長メッセージ
社長メッセージ
社長メッセージ
代表取締役
芦崎 貴
代表取締役
芦崎 貴

サクラスイーツは、「人と人を結ぶお菓子」のスローガンに共感してくれた方や、サクラスイーツのスタッフとふれあった方が「私もスタッフになりたい!」と言ってくれたり、最初はアルバイトだったスタッフさんが「社員になりたい」と言ってくれたりと、どんどん仲間になってくれる人が増えることで、成長してきました。
サクラスイーツは幅広い年齢層・立場の人が活躍できる会社です。
年代は10代~70代まで、子育て中、妊婦さん、介護中もいらっしゃいます。
年齢や立場に関係なく、チャレンジしたい方、ぜひ一緒に働きましょう!

社会貢献と従業員満足

サクラスイーツでは、「人と人を結ぶお菓子」というスローガンのもと、その中で、一人ひとりのパーソナリティが際立つ職場づくりをし、一人ひとりが主体性を持って、社会と向き合っていくことを目指します。

1.社会貢献

お客様と日本をつなげる

サクラスイーツは、「人と人を結ぶお菓子」をスローガンに掲げ、日本の素晴らしい生産者、農家さんの素材をお菓子にして、その素晴らしさを伝え、お客様と日本をつなげていくことを大切にしている会社です。

担当エリアからの社会貢献を追求する

その中で、製造スタッフや、包装スタッフ、接客サービススタッフ、ECスタッフなどが、その理念を念頭に、担当エリアからお客様に向き合って、社会に貢献できる仕事を追求しています。

「温故知新」

むかしからある古き良きものをしっかりと大切にしながら、サービス、商品、店舗開発などのあらゆる面において、しっかりと流行や最先端のものを取入れ、一歩先を行くご提案を行います。

2.従業員満足

想像力が豊かなスタッフが、挑戦できる環境づくりとリーダー育成

サクラスイーツのスタッフは、想像力が豊かな人が多いのが特徴です。
そんなスタッフたちにとって、最高の状態を実現するために、まずは「愛されるリーダー」を育てることに取り組んでいます。
愛されるリーダーがいるチームでは、仲間たちが自発的にアイディアをどんどん伝える雰囲気が作られます。そうして集まった沢山のアイディアをもとに、みんなで新たな挑戦をしていける、そんな環境を目指しています。

スタッフ一人ひとりは、初めは小さな消えそうな火であっても、その小さな火にどんどん「勇気」という薪を入れれば、大きく消えない火になります。「勇気」という名の「薪」を入れ、スタッフ一人ひとりを大きな火にするのが、まさにリーダーの役目です。
大きな火がたくさんあつまって、お客様をあかるく照らし、お客様が集まる。サクラスイーツは、そんなチーム作りと、それを実現できるリーダーの育成を目指しています。

ビジョン

サクラスイーツは小売店として最高の舞台を追求するとともに、菓子メーカーとして新しいお菓子の在り方を提案していきます。

1.小売店としての追求

お客様に最高の舞台

 お菓子売り場の店舗は、「舞台」に言い換えられます。
サクラスイーツは、お客様に最高の舞台をお見せするために、接客、ユニフォーム、パッケージ、内装、ディスプレイ、音楽に至るまで、クオリティを追求します。同時に、舞台のキャストであるスタッフが、最良のコンディションでパフォーマンスを発揮できることも大切にします。
県外へ出店を広げても、「富山」で作ったお菓子であることを、大切にしていきます。

2.次世代の菓子メーカーとしての挑戦

 今日まで日本のお菓子業界をけん引してきた、大手の菓子メーカーさんが築き上げてきた素晴らしいお菓子に対して、サクラスイーツは次の世代の新しいお菓子の在り方を、提案できる菓子メーカーになることを目指しています。
量販店さんとも力を合わせながら、純粋に「お菓子」としっかり向き合い、その理想を追求するとともに、商品開発や、製造ライン作り、営業など、実現を目指して着実に成長を進めていきます。

さいごに

出会いが夢をかなえる

今まで私は、スタッフとの出会いによって夢が叶ってきました。
スタッフと出会えば出会うほど夢が叶う。
そしてスタッフ自身の夢も叶う。そんな出会いが何度もありました。

サクラスイーツは一緒に夢をかなえる舞台です。
ここでの仕事やご縁を通して、あなたの夢を叶えて欲しいと願っています。